ジャパンエステート株式会社

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
英数
リコースローン
融資金(ローン)の回収が借り手の資産すべてに及ぶローン。従来の銀行の貸付方式。

リファイナンス
一般に資金の再調達を行うことをいう。企業・事業等の存続・継続を前提に、既存の資金調達方法に変更の必要性(債権・借入れ等の償還・返済期限の到来、自社株等の償却等)が生じた場合、元本の償還・返済原資や自社株等償却原資を確保するため、新規に資金調達を行うこと。不動産証券化スキームにおいては、出口戦略として対象資産を売却して終了するケースと、リファイナンスを行なって不動産証券化を継続するケースがある。

レバレッジ効果
投資用資産を取得する際の資金調達を自己資本と借入金を組み合わせて行うことで、全額自己で調達した場合よりも自己資本に対する利回りが向上する効果のことをいう。不動産証券化では、自己資本に対応する部分がエクイティに相当し、借入金に対応する部分がデットに相当する。対象不動産が生み出すトータルの配当利回りが、デット部分の支払金利又は配当利回りより高いときにはエクイティにプラス効果(利回り向上)がある。例えば、投資家の資金25億円と借入金25億円で50億円の収益物件に投資した場合、その物件の利回りが5%であるとすると2.5億円の収益を得ることができる。ここで、借入金の金利を4%として、その場合の支払利息1億円を差し引くと収益は1.5億円となる。これを投資家の資金25億円に対応する配当にすると、利回りは6%になり、物件の利回りよりも投資家の利回りが1%向上することになる。

レンダー
ファイナンスにおいて、金融機関等の貸し手側を指す。